いやさか

ねじ庄と「龍神丸」の高垣酒造が共同で造り上げた特別純米酒『いやさか』。

「魚と共に活きる酒」をコンセプトとし、日本酒本来の米の風味をしっかりとのこしつつ、料理の素材自体の味を活かすお酒になりました。

特に黒潮に恵まれた紀州の魚たちとの相性を考慮し、刺身から鍋まで添えるよう『冷』でも『燗』でも、楽しんでいただけます。

白・海山のめぐみ

希少・数量限定生産 原材料100%南紀白浜産

美しい琥珀色をした南紀白浜の熟成純米酒

海と山の自然のめぐみで、ご縁をつむぎ、ご縁をはぐくむ酒

『熟成純米酒 白 海山のめぐみ』

はらから

厳選されたお米を丹念に磨き上げ、スッキリ冴える爽快な辛口に仕上げました。夏は冷やしてキリリと旨く、冬には燗して香り立ち豊かに。

四季折々の旬をいっそう引き立てる『紀州はらから』ならではの風格ある味わいです。

紅南高

世界にひとつしかない限定の梅酒を飲んでみたいあなたへ。

あの天満天神梅酒大会で、第一回グランプリ受賞し、名実ともに日本一に選ばれた梅酒〔紅南高〕。その紅南高を、創業274年になる弊社の蔵で12年もの時間をかけて熟成させました。これは、製造メーカーにさえ、もちろん在庫はなく、ねじ庄の蔵にしかない特別な梅酒です。ほとんどの梅酒は、出荷の際に味わいの調整のために加水されます。その時の水と梅酒のアルコールが親和するのに、非常に時間がかかるのですが12年熟成紅南高は、完全に親和がおわり、まろやかさと、重厚な味わいが両立されています。12年熟成紅南高は、今まではねじ庄にご縁のある方にしかご案内をしていなかったのですが、このコロナ禍、あなたのご自宅での晩酌が、すこしでも特別な空間になるようにとの想いから、ご案内させて頂きました。

ぜひ、わたしが12年の歳月をかけて育てたねじ庄だけの梅酒、〔12年熟成紅南高〕をお楽しみください。